病院外観

受付

待合室

診察室

トリミング室

トリミング台


検査機器

レントゲン FCR

超音波エコー

血液生化学検査機

血球計算機

酸素室


特殊設備

クリーンベンチ
用途:①幹細胞投与
②活性化リンパ球療法

幹細胞投与とは、幹細胞を投与することで組織の修復、再生を促進する能力が注目されている先進医療です。
当院では椎間板ヘルニア、脳梗塞などの神経病から腎炎、肝炎、免疫介在性貧血などさまざまな疾患に応用しています。
活性化リンパ球療法は腫瘍患者の免疫治療として悪性腫瘍の手術後または抗がん剤治療の際、再発の予防促進とQOLの向上を目的として行っています。

乳がん患者の局所麻酔での摘出と活性化リンパ球療法により、全身麻酔無く再発せずにコントロールしている症例も経験しています。

 

麻酔装置
手術の際の人工呼吸を調節するベンチレーターと心拍数、血圧などを管理するモニターです。

レーザー
①体表腫瘍の摘出
②安全な避妊、去勢のための血管処理(シーリング)

当院の特徴として体表腫瘍は多くは局所麻酔が可能です。全身麻酔が難しい、または心配な方はご相談ください。体表腫瘍とは各種イボ、猫の肥満細胞腫、犬の皮膚組織球種まで各腫瘍に治療経験が有ります。

 

ソノペット

主に椎間板ヘルニアに使用します。超音波による破砕吸引により、血管、神経にダメージを与えずに手術が出来るため、安全性が高いです。椎間板ヘルニア手術の他、腫瘍摘出や口内炎の外科処理にも使用可能です。

整形外科器具

コリブリ

各種骨折、大腿骨頭切除、膝蓋骨脱臼など

 

LCP-PLATE、CPSプレート

特に骨折には下記のLCP-PLATE、CPSプレートといわれる、より血行保持と固定力の高いインプラントを使用しています。さらに幹細胞を保存して、骨癒合が不十分な症例に再生を促す準備も行っています。

 

TPLO インストゥルメント

膝にある前十字靭帯という靭帯断裂の手術を行うための器具

 

 ヘルニア治療の一例